FC2ブログ

灰色の手帳 由香里―水底から― 序幕

-- / -- / --  --
スポンサー広告   
編集
2011 / 03 / 23  Wed
由香里Ⅰ   
感想 2 / トラックバック 0 / 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 遠く、蝉の声を聞いていた。由香里は、カーテンも部屋の扉も締め切って、掛け布団の上からうつ伏せになっている。
 昨日の疲労は、まだ抜けきっていないようだった。

 ――たまには体を休ませてやることだって必要だよね。

 そう自分に言い聞かせても、練習を休んでしまった後ろめたさ……いや、あの人達から逃げてしまった後ろめたさを、誤魔化すことなど出来なかった。
 意地汚い先輩達の中でも、楠田理恵子は特に性質の悪い人だった。
 楠田先輩は由香里の一つ上、高校三年生だったが、年齢よりもずっと大人びて背も高く、その圧倒的な存在感の源は、すらりとした肉体と、生まれ持った美貌にあった。
 女優のように力強い、大きな目、ぴんと張った鼻、形の整った、赤々とした唇。
 そして何といっても、その白い肌理細やかな肌と、長身に合わせるかのように肩甲骨まで真っ直ぐに伸びた、艶やかな黒髪……。水泳部員の殆どが、水の抵抗を受けてタイムの落ちるのは嫌だからと言っては、髪を短くしたがる中で、一際目立つ。

 水泳の成績も良かった。いや、抜きん出ていた。だからこそ、長髪や、彼女のきつい性格は許されてきたと言えるだろう。彼女は水泳部の部長であり、同時にエースだった。名実ともに、彼女こそ桂木女子学院水泳部の頂点だったのだ。そう、二年前、由香里が現れるまでは……。

 由香里は浴室へ向かった。
 縦長の鏡の前に立ち、さまざまな方向から自分の顔を眺める。
 美貌に関しては、由香里も楠田先輩に負けていない。やはり由香里も、先輩に劣らぬ肌理細やかな白肌と、長い美しい黒髪を持っていた。その点では二人は双子のように似ていて、背中を向けて遠くから見れば、先輩と由香里を見間違えることすらあった。しかし由香里の顔つきは先輩より幾分幼さを残し、瞳も力強いというよりは、吸い込まれるような静かさを湛えたものだった。鼻は先輩ほど高くは無いし、唇も淡いピンク色をしていて、先輩のような派手さは無い。

 柔らかい月の光のような美少女。

 多くの美女の例に漏れず、由香里は自分の美しさを十分理解し、それなりにうぬぼれてもいた。

 少女は鏡を観察した。

 ――昨日の出来事が、自分に何か変化を与えてはいないだろうか……。

 しかし、鏡に映った自分は、いつものままだった。

 シャツを脱ぎ捨てる。汗でほのかに張り付いた布地が剥がれていく。

 ブラに覆われていない、むき出しの胸が露わになった。

次に、ジーンズのファスナーに手を掛ける。少女の腰は、拘束から解放され、ジーンズは、少女の大腿との僅かな摩擦に引っかかるだけになった。鏡の目にやると、開けたファスナーの間に、白い肌と、柔らかな毛を見た。少女は胸がきゅっとなり、顔がわずかに汗ばむのを感じた。

 親指の背で押すと、最後の衣服は、少しずつずり下がっていき、あるところで、踝まですとんと落ちた。若い少女の美しい腰周りが丸出しになった。
 お尻から腿の裏にかけて、張り付いた汗が蒸発して、肌をくすぐる。鏡には一糸纏わぬ姿が映し出されている。

 少女は、シャツやジーンズの下に、一切の下着を身につけていなかった。

 空っぽの浴槽にぺたんと座り、頭からシャワーを被るようにしながら、お湯を溜めていく。体を暖めながら、少女は思い返していた。

 悪夢の一日を。

 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comment

匿名の名無し 匿名の名無し @ Edit
05/05 20:51

未完成小説のアレンジですかね?内容はともかく、更新楽しみにしています。

- - @ Edit
03/27 02:15

このコメントは管理者の承認待ちです



TrackBack http://darksecond.blog65.fc2.com/tb.php/1-18ae7091

.
由香里 ―水底から― 第一話『孤独なエース ―― 消えた下着』 ≪
.  ▲ .
Designed by Daniel Corporation. allrights renounced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。